甲賀百人組ゆかりの寺

慈眼寺(甲南町野田)

甲賀百人組は、幕府お抱えの鉄砲隊で、慶長5年の関ヶ原の戦いの直前、伏見城で徳川方として戦い多くの戦死者を出した「甲賀衆」がそのルーツである。百人組ゆかりの甲賀の五か寺は、彼らの子孫たちによる嘉永2年の伏見籠城戦250回忌法要の場となったが、今もその時の墓石や位牌が大切に守り伝えられている。

称名寺(甲賀町滝)
多聞寺(甲賀町鳥居野)
唯称寺(水口町宇田)
長福寺(甲賀町田堵野)