油日神社の文化財群

奴振

境内で5年に一度、繰り広げられる華やかな奴振やっこぶりに、かつての侍衆が集まり氏神にお参りした名残を見ることができる

油日神社

楼門・廻廊・本殿ともに、国指定重文建造物。

油日神社
油日神の懸仏

油日神の懸仏かけぼとけ。摩利支天などが忍者の守護神として信仰された。

甲賀衆たちが崇敬した甲賀の総社で、聖徳太子を軍神として崇めた。廻廊は寄合いの場で、本殿は多くの侍衆たちが力を合わせて寄進したものである。

油日神社

アクセス
JR草津線「油日駅」より車で10分、徒歩30分
TEL
0748-88-2106
住所
甲賀市甲賀町油日1042
駐車場
あり